しむの部屋


自律電人四六型、目覚める。

自律電人四六型、目覚める。

猛暑だった夏が終わり、涼風が色づいた葉を揺らすようになったある日、 『秋コレ』を制作をしている、HAMます委員会のT氏がいつものように秋葉原を徘徊していると、 突如轟音とともにアスファルトを突き破って少女が現れた。

騒然とする街角、秋葉原のビル群を不安そうにきょろきょろと見回す少女。明らかに挙動不審だ。 T氏は直感的に「こいつぁやばい」と思い、彼女の手を引きHAMます委員会へと連れていき保護した。 彼女こそ、68年前、天才科学者によって生み出され長らく地下に封印されていた国産ヒューマノイド 「自律電人四六型(自称:しむ)」であった。

なんということでしょう・・・。
彼女が所持していた設計資料と、HAMます委員会メンバーの聞き取り調査により発覚した「しむ」の
情報をまとめてみると以下のような事実が浮かび上がった。

太平洋戦争時、帝都高速度交通営団に所属していた天才科学者が、軍部と共同で開発され極秘扱いされていた科学技術力を多分に流用し、終戦直後に自律電人 (いわゆるヒューマノイド) を生み出した。 科学者は、これからの時代において平和を築くためのサポートとして電人を開発。 1946年に開発された四六型(しむ)は「ラジオ波」による情報の拡散を自律して行うための「歩く基地局」という存在だったが、しむの電脳回路に多数のバ グが発生、自分の戯言を電波に乗せて飛ばすなどの奇行が目立ち、膨大な試験を行ったが最終的に断念。 万世橋の地下深くにあった研究所の巨大冷凍庫にしむを封印し、消息を断った、とのこと。

秋葉原にずっと居ながら、68年間の秋葉原の発展をまったく知らない少女。 T氏は悩んだあげく一つの結論を出した。 「しむ、ここに住んでいいから、秋コレの看板娘をやりなさい」 しむ:「(゜Д゜)ハァ?」 かくして秋コレの看板娘となった「しむ」。
これからアキバをコレクション!頑張れ!

simrah2_02

しむは二次創作大歓迎!

秋コレでは個人作家、サークル様の同人活動を応援致します。
自由に秋コレ看板娘しむを描いてTitter・pixiv等でどんどん投稿して下さい。
秋葉原で配布されているフリーペーパーの紙面上で随時発表させていただきます。
あなたのしむで紙面を盛り上げませんか?
Twitterでは是非、#しむフリー をつけて下さい

しむ設定資料