秋コレの看板娘として頑張っている“しむ”と“はく”。我々秋コレ編集部は、オリジナルキャラクターの彼女たちが好きだ。控えめに言って大好きだ。彼女たちを使った企画を考えるのが好きだ。イラストレーターさんが描いた彼女たちを見るのが好きだ。レイヤーさんに彼女たちの服を着てもらう時など、幸福感が脳からこぼれる。

 彼女たちのゲームを作りたい。できれば多くの人にプレーしてもらい、うちの子の可愛さを知らしめたい。タイトルは決めてある。なんならストーリーとゲーム内容についても、ことあるごとに書き溜めている。しかし、ゲームってどうやって作るのか、これが分からない。だがそんなことを言っていては何も始まらない。まず決めよう。ゲームの作り方とかは後でいい。秋コレ編集部は、“しむ”と“はく”の大活躍するゲームを作ることを決定します!

 ある日、しむとはくがフリーペーパー『秋コレ』の最新号を配布していると、突如空が崩れ始めた。ピクセルが落ちる様なその「崩壊」は次第に広がり、歩き慣れた秋葉原の風景も崩れていく。そして次の瞬間、しむとはくの自律意識が遮断された…。

 二人が目覚めると、そこは見知らぬ世界だった。未舗装の道、通りを行く牛車、そして中世ヨーロッパのような服を来た人々。二人は「異世界」に迷い込んでしまったことを認める。

 目立ちすぎる服を着替え、異世界の中を探索する二人。しかしやがて、その異世界を「知っている」ことに気づく。その地形は現実の秋葉原とまったく同じだったのだ。

 この世界に現れる「電怪」と呼ばれる怪物から人々を守りつつ、二人は現実世界への「帰り道」を探して謎を解き明かしていく。

RPGアツマールに希望を見た!!

素人サイト、素人の作ったゲームがいっぱいある

 「RPGアツマール」はniconicoのサービスのひとつで、素人の作ったゲームがいっぱい遊べるWebサイトだ。いろいろやってみた感じ、RPGだけじゃなくてアクションもあるし、パズルもあるし、完成度もピンキリである。何より数百万という単位でプレーされているゲームもあり、人が集まって盛り上がっている感じがいい。ここに投稿すれば、例え素人が作ったものでも、しむとはくのゲームを遊んでもらえるんじゃないだろうか……。

RPGアツマールは『RPGツクールMV』だった!?

っていうゲーム制作ソフトで作った作品の投稿サイト

 ふんわりゲームの作り方を調べた時は、Uni tyだのコードだのスクリプトだの、なんだか調べることが多すぎてよく分らなかったが、RPGアツマールの作り方に絞ればあるいは……と思ったら全部『RPGツクールMV』というソフトで作られたものらしい。『RPGツクール』って現代にもあったのか……。ツクールと言えば簡単操作でゲームが作れるソフトの代表なので、専門知識はいらないはずだ。あれ、結構いけるんでは? 経費! 経費でコレを買ってください!

参考になりそうなアツマールのゲーム

【島生活SLG】ぼくらのアイランド

制作者:○○ぽこや
投稿日時:2018年12月28日
想定プレイ時間:180分
プレイ数:約500万回
 プレイ回数が500万近い人気RPG。謎の島で素材を集めてアイテムをクラフトし、それを使って冒険を進める。オンライン要素は置いておいて、アイテムの変換と使用やクエストなど、単純なシステムの組み合わせでゲームを構築する手法が参考になりそう。

人類滅亡後のPinocchia(ピノキア)

制作者:饗庭淵
投稿日時:2018年4月8日
想定プレイ時間:300分
プレイ数:約40万回
 ジャンクを集めて手に入れた素材で仲間のアンドロイドを製造。時には切り捨てながら、謎の閉鎖空間内を進んでいくRPG。少しずつ明かす世界観の語り方や、日数リソース、ダンジョンの歩数管理など、RPGの常識に捕らわれない発想に唸らされる。

とにかく作る!話はそれからだ!!

 という訳で、ゲームを作るのに必要なソフトが簡単に(公式ストアのダウンロード販売で)手に入ってしまった。あとは作るだけなのだが、ツクールの使い方が分からないのでゲームを試作してみることに。内容は、部屋に閉じ込められた"しむ"が宝箱を正しい順番で開けて脱出する、というシンプルなもの。右も左もわからない状態からドキュメントを読み込んで作業したが、5時間ほどで完成してしまった。思ったより時間がかからなかったので、さらにしむの立ち絵を取り込んで表示させたり、戦闘まで設定することに。おおっ、これもうかなりゲームっぽいぞ……!? よしよし、この調子で制作を進めていこう。完全な試作品だが、とりあえず皆が遊べるようにアップロードまでやってみたぞ!